SiMPLE++
しっとり
乾燥

ファンデーションのパフには殺菌が8万個以上

2023.04.05

ファンデーションのパフは洗っていますか? 肌の皮脂や水分を含んだパフにはアクネ菌やバクテリアなどが繁殖しやすく、たとえば一週間洗わないパフには約8万個の菌が繁殖するという実験結果があるそうです。   湿度が高く密封された環境なのでカビだらけになります。 肌にあるアクネ菌は常在菌として存在します。 アクネ菌の増殖と黄色ブドウ球菌が結びつくと炎症を起こし、赤ニキビになります。それに緑膿菌がつくと膿んだニキビになります。 洗っていないパフでファンデを塗る時は、菌を塗りつけているのと同じ。理想な使い方は、1面使ったら裏面を使い、そして洗う。何個かパフを持って、洗い替えを準備しておくのがいいでしょう。   おすすめな洗い方 クレンジングと一緒になった洗顔フォームをつけて洗う。 もしくはホワイト石鹸も、よく汚れが落ちると聞きます。 専用の洗浄剤なども市販であるようですね。 又、アイシャドウやチークに使う筆も、洗い替えの予備を用意しておくのもいいでしょう。 普段毎日使うコスメポーチも汚れチェックを忘れずに!

SiMPLE++
ゆらぎ
乾燥

膝の黒ずみの原因と対処法

2023.04.04

お肌のケアは顔だけではない   一度出来るとなかなか消えない頑固な“膝の黒ずみ“ その原因は衣類の摩擦による色素沈着や乾燥、溜まった角質などです。 スクラブも強く擦ると摩擦により返って色素沈着となり、又他のスクラブと次から次へと悪循環となる場合もあります。   脇や肘、お尻、ビキニラインの黒ずみはムダ毛処理の際、肌ダメージ&下着や洋服の摩擦が要因。 お顔だけではなく、体のお肌のお手入れ、角質ケアと保湿ケアも必要ですね。   やってはいけないNGリスト 1)肘、膝をついたり硬い椅子に長時間座ったり物理的にも気をつけましょう2)お風呂時間、ナイロンタオルのゴシゴシ洗い3)下着の摩擦にも注意4)無理なムダ毛処理も黒ずみの原因 エイジングは関係している? 代謝の善い、悪いが関係しています。 週1~3回でも膝にも美容液を! 膝、肘、踵、お尻、ビキニラインに化粧水と美容液をつけるのもよいですね。 特に膝周りはリンパの流れも代謝も悪い部位であるので、マッサージと美容液はお勧めです! 膝の黒ずみケアは、まず角質をオフ、その後にたっぷり潤いを与えましょう。 角質ケアは温感スクラブジェルやナチュラルピーリング効果のあるジェルなどもお勧め。関節を曲げてシワを伸ばして行うのがポイントです。 又、保湿不足で黒ずんで見える事もあります。 ぜひ、皆様気になる黒ずみ改善に向けてお顔と同じケアをしてみてはいかがでしょうか。 SiMPLE++の商品は全身にお使いいただけます。 まずはローションと乳液からのケアもいいかもしれませんね。   シンプル++ モイストローション はミニマムな成分設計で、限りなく純水に近づけた化粧水。肌本来の保湿力を高めます。    

SiMPLE++
しっとり
ゆらぎ

気になる目の左右差

2023.04.03

皆様、目は左右対象ですか? 悩まれている方が多いとよく耳にします。その原因としましては、横向いて寝た時、下になった方に脂肪、老廃物、流れ重力の重みで顔全体がたるみ、目の左右差に繋がります。眉毛を寄せたり表情を作る時など、眉毛をよく動かす癖が多い方はおでこや頭が凝りから目を小さくするだけではなく、左右差が出る原因になります。 姿勢も影響します   姿勢が丸くなると、肩、首が凝ります。 次に頭が凝り、おでこが凝って目が小さくなる原因になります。座る姿勢により骨盤がズレ体の左右差から目の左右差の原因になります。 目の左右差対策 ※仰向けで寝る※眉間にシワを寄せない事を意識する※姿勢を意識して気をつける癖って、蓄積されてどんどん筋肉は凝ってくる為、目の左右差だったりお顔の悩みは進行していきます。 そうなると時間もかかるため、まずは日常生活での出来る対策を見直しましょう。今の目の左右差を改善するには、お顔の筋肉をほぐす事で固くなった筋肉が柔らかくなり、目の左右差が改善していきます。※筋肉は使いすぎても使わなすぎても、どんどん凝っていきます。  

洗顔の重要性

洗顔の重要性

SiMPLE++
しっとり
ゆらぎ

洗顔の重要性

2023.04.02

SiMPLE++の回復メゾット 回復メゾットSiMPLE++ はもうお使いになりましたか? その中でも1番試して頂きたいのが「モイストピュアソープ」。 スキンケアの役割として洗顔はとっても重要! 「保湿」に関しては化粧水、シートマスク、クリームなど、いくらでもプラスで付け足すことはできますが、「汚れを落とす」に関しては洗顔のみです。 肌表面にはホコリなどが付着   肌表面には、皮脂、汗、花粉、角質汚れ、ホコリなどが付着しています。 特に顔は常に外界にさらされているのでとても過酷です。 汚れをそのまま放置しておくと、雑菌の繁殖、皮脂の酸化により、肌荒れを引き起こしやすくなります。洗顔といっても、手のひらを顔にこすりつけるのではなく、泡で顔を洗う感覚で、円を描くように優しく洗いましょう。 きめ細かいしっかりとした泡であれば、肌の汚れを浮かすとともに、泡と泡の間に汚れが染み込んでいきます。なので力を加えなくても、しっかり汚れを落とすことができます。 SiMPLE ++のモイストピュアソープ   SiMPLE ++のモイストピュアソープはふんわりとした泡で、非常にキメが細かく、洗い上がりがしっとり。 まさに求めていた理想の石鹸です。洗顔は美肌への第一歩です。まずは洗顔から見直してみませんか?   シンプル++ モイストピュア ソープ(しっとり)は朝の洗顔にも、夜の洗顔にも使用できます。 保湿される濃密泡石けんを体験してみてくださいね。

シンプル++

美白になる方法

美白になる方法

2023.04.01

「美白」とは   メラニンの生成を抑制し、日焼けによるシミ、そばかすを予防する事 ●肌のターンオーバーの正常化=メラニンの生成を抑制●肌のバリア機能の正常化=メラニンの排出を促進保湿する事は「美白」の役割があります。ターンオーバーは代謝による肌の生まれ変わりの事です。バリア機能は、紫外線を含むあらゆる外部刺激から肌を守る機能です。この2つが機能していると、肌のキメが整い透明感のある肌になります。肌が乾燥するとこの2つの機能がうまく作用しなくなります。肌が乾燥した状態では、適切に排出されず沈着して「くすみ」の原因となります。 そして「シミ」に悩まされる。肌に潤いを持たせつつ、日焼け止めをするならノンケミカルの日焼け止めがお勧めですよ。肌に優しい、赤ちゃんや敏感肌でも大丈夫、かぶれにくい、白浮きしない、石鹸で落とせる日焼け止めっていいですよね。 紫外線ケア出来る食べ物   ビタミンC、キウイ、レモン、抗酸化作用のある赤い食材でトマト、スイカ、にんじん、鮭 体の中からも対策できるといいと思います。

SiMPLE++
乾燥
化粧品

睡眠不足は危険かも

2023.03.31

睡眠について意識していますか? 実は、睡眠中には脂肪分解作用のある成長ホルモンが分泌され、しっかり眠ると1日あたり300kcal分の脂肪分を消費してくれるのです。 反対に寝不足の人は1日あたり210 kcal 1ヶ月で6300kcal分もの脂肪が分解されずに蓄積されてしまう。 体脂肪1kgあたり7200kcalに換算されるので、寝不足だと1ヶ月で900gずつ太ってしまいます。 なんと痩せる為のルールがあるそうです。 “睡眠ルール五箇条“ 1)遅くても深夜2時には寝る これは成長ホルモンの分泌力に影響します。 2) 睡眠時間は7時間目安 7時間睡眠は4~5時間睡眠に比べると、肥満率が低い 3) タンパク質をバランスよく摂る   睡眠時の成長ホルモンの源です。 4) 寝る前に激しい運動はしない 交感神経が刺激されせっかくの眠気も覚めます。ただ寝る前の柔軟運動はお勧めです。 5) 休日は遅くても10時には起きる 睡眠リズムが乱れてしまい、なかなか寝れないって事が起きやすい こういうルールがあるようです。   やはり皆様お仕事関係やプライベートでそうは簡単には出来ないですよね。 でも少しでも生活習慣を変えてみるとか、気にかけていかれるといいでしょう。

SiMPLE++
しっとり
乾燥

シワが少ない美肌

2023.03.30

シワが出来やすい肌   年齢に関わらず、硬くてハリのない肌はシワが出来やすいです。 20代をピークに表皮は薄くなり、新たな細胞が生まれにくくなってしまい、その下の真皮では、ハリを支えるコラーゲンやエラスチンの量が減り、質も低下します。 すると肌はハリや弾力を失って硬くなり薄くてシワが出来やすい状態になります。 そのまま放置するとまずは目の下のシワが目立ち出し、シワ予備軍と言えるかも知れません。   日焼け=シミの原因 実は紫外線の中でも特にA波(UVA)は肌の奥にある真皮層まで到達し、ジワジワとコラーゲンやエラスチンなどにダメージを与えてシワ、タルミを引き起こします。 肌が乾燥するとシワが目立ちやすいだけではなく、バリア機能が低下します。 すると肌はダメージを受けやすくなり、更にバリア機能が衰えエイジングも加速します。 シワ対策にはエイジングケアを含め、紫外線カットや保湿のお手入れをバランスよく行う事が大切なのです。   皆様、日々のスキンケアでシワが少ない目立たない美肌を目指しましょうね。   乾燥によるしわなど、シワが出来やすい部分に シンプル++ モイストセラム は特に乾燥が気になる箇所へ、保湿に特化したセラムです。目元のケアにもご使用いただけます。

SiMPLE++
しっとり
乾燥

顔のパックの頻度は?

2023.03.29

  お気に入りのパック   皆様、お顔のパックは週に何度されていますか? どんなパックがお気に入りですか?その日のお肌のコンディションによって変えているのでしょうか。 スキンケアの順番   通常は洗顔→パック→化粧水→美容液→乳液やクリームの順番でスキンケアを行いますね。 水分量が多いものからつける事で、肌に水分を補給させます。 その後、油分があるものを順番に付けていき、水分と油分のバランスを整えていきます。   パックによって使用方法がちがう パックによっては洗顔後すぐにつけるものや、美容液の後につけた方がいいのもあります。 その日に使用するパックは製品に記載の使用方法も確認をお忘れなく。   長ければいいわけではない 使用時間は1回15分程度がお勧め。 30分以上など長時間パックすると、パックが乾いてしまい肌の乾燥を招きます。 朝でも可能ですが、夜のパックをお勧めします。 また、乾燥しやすい人は毎日パックをして保湿するのもお勧めです。   毎日はお勧めしない物もある   ピーリング作用のある洗い流すタイプのパック、油分が多いタイプのパック、潤い成分が多いスペシャルケア用のパックなどは毎日のケアをお勧めしません。 これらは週に1~2回までの使用に抑えましょう。また入浴中にパックする方もいますが、汗や水分によって美容成分が染み渡らない。 皮脂が出ることにより肌荒れを起こすなどのデメリットもあります。ニキビがある時は、油分をプラスすると悪化する恐れがあります。 サリチル酸やビタミンC誘導体など、ニキビケアに向いている成分が配合されているニキビケア用のパックであれば、使用出来る場合もあるので、その日のコンディションにあったパックをお勧めします。   パックの前にはしっかりお肌を洗顔。  ...

美容液の選び方

美容液の選び方

SiMPLE++
ゆらぎ
乾燥

美容液の選び方

2023.03.28

エイジングケアに効果を発揮する美容液とは   シミ、シワ、ハリ、乾燥、毛穴などのエイジングケアに効果を発揮する美容液、年齢にあったしっかりしたものを選びたいけど、色々な情報や商品も豊富すぎてどれを選んで良いのか迷いますよね。 まずは、使用する目的から考えていきましょう。   美容液を使う目的は?   美容液を使う目的は保湿、美白、エイジングケア、皮脂抑制、UVケア、それぞれアイテムを選ぶ時に注意するポイントが異なります。 又、化粧水タイプ、ミルクタイプ、ジェルタイプ、クリームタイプ、オイルタイプなど様々なテクスチャーがあり、使い心地もそれぞれ違います。   ベタつきが苦手な人は化粧水タイプ、ウエットな質感が好みの方はジェルタイプなど、好みのテクスチャーで選ぶのもいいかも知れません。   次に考えるのは?   季節ごと肌の調子やコンディションにより、肌に合わせて使うのが効果的かと思います。 基本のスキンケアの他に、肌に合う、トラブルにならない刺激が少ないなど、美容成分も確認しながらお肌に合わせての使用がお勧めです。   よく言われるお薦めの5つの美容成分とは? 3大保湿成分である ヒアルロン酸 コラーゲン セラミド ビタミンC誘導体 レチノール。   豊かな美容成分のビタミンC誘導体は豊かな美容成分、そしてレチノールはアンチエイジングに高い効果を発揮します。 お肌にいい成分の飲み物は? 体の中からお肌にいいものを取り入れると相乗効果も生まれます。 お肌にいい成分の飲み物は、牛乳はビタミンB2やビタミンA、タンパク質など健やかな肌を作る成分を摂取出来ます。 皮膚の水分と油分をバランスが整い、肌の潤いが維持されやすくなります。...

美容液

目元のシワ対策

SiMPLE++
ゆらぎ
乾燥

目元のシワ対策

2023.03.25

目元のシワ対策 実は目元のシワ対策は専用のアイクリームや目元専用美容液でなくても大丈夫! 目尻や瞼、目の下のちりめんジワ改善の為にアイクリームや目元専用美容液を使っている人は多いと思います。   目元周りに浅く細かい乾燥ジワの原因はその名の通り乾燥です。 これらのシワは目元専用アイクリームではなくても、保湿クリームでケアして肌が潤えば改善されるそうです。 使いやすさならアイクリーム 使いやすさで考えるならアイクリームがベター! ノビなどのテクスチャーを考えると、アイクリームの方がベターかも知れません。目元の薄い皮脂にやさしく伸ばせる使い心地になっています。 又、乾燥ジワもレベルによっては専用の化粧品を使用した方がよい場合もあります。 厚生労働省により、効果が認められシワ改善に有効な成分が一定の濃度で配合されている医薬部外品などは、パンフレットに実際の目元の小ジワ写真が載せられていたりします。 あれらは、乾燥小ジワが進んだ延長で大体シワのレベルは3~4程度。 専用の化粧品で3ヶ月くらいかけてしっかりケアしていけば、シワのレベルは下がっていく事もあるようです。根気よく続けていきたいですね。シンプル++ モイストセラム は特に乾燥が気になる箇所へ、保湿に特化したセラムです。目元のケアにもご使用いただけます。

SiMPLE++
ゆらぎ
乾燥

顔の産毛のデメリットは?

2023.03.24

顔の産毛の影響 お化粧のノリが良くなかったり、何となく肌がくすんで見えたり、もしかしたらそれは顔の産毛のせい? 自己処理は肌への刺激も気になるし、いっその事顔脱毛しちゃうのがお勧めだったりします。 メイクアップアーティストの方に聞くと、モデルさんにメイクする時1番気になるのは産毛だそうです。 ニキビやシミは誰にも多少ありますが、産毛に関しては管理している人としていない人によってメイクの仕上がりに大きく差が出る部分になるそうです。   産毛による違い 産毛がない方はファンデーションが均一に塗れて定着する。 産毛がある人はムラになりやすく、メイク崩れもしやすい。もみあげ部分は盲点になりがちなので、合わせ鏡や三面鏡でしっかりチェック! 処理が面倒な方は、サロンやクリニックで脱毛してしまうのもお勧めのようですね。

SiMPLE++
ゆらぎ
乾燥

開き毛穴を改善したい

2023.03.23

毎日どんなにお肌ケアしても日頃の食生活により開いた毛穴がますます目立つなど、毛穴トラブルに発展してしまう事もあります。

SiMPLE++
乾燥
季節の変わり目

敏感肌で肌がかゆい時の対処法

2023.03.22

  敏感肌は衣類なども刺激になる 化粧品など直接お肌につけるものに意識が行きがちな敏感肌。 じつは衣類なども刺激となり、かさつきや赤み、湿疹などの肌荒れを起こしやすくなります。 更に我慢出来ない程の痒みに覆われて、思わず爪でかきむしることも?皮膚の下には、かゆみを脳に伝える知覚神経の末端にヒスタミンなどの「かゆみ物質」が作用する事で、かゆみを認識すると考えられています。 乾燥によって潤いバリア機能が低下した肌は、ちょっとした刺激にもかゆみを感じてしまう為、つい爪を立ててかきむしりたくなります。かいた直後は一瞬かゆみが治りますが、かく事で潤いバリア機能は更に低下。また、肌をかきむしるとかゆみ物質が放出されて、肌が炎症を起こし更なるかゆみを感じるようになります。 こうして爪でかきむしる度に、ますますかゆくなり更にはかいてかゆみの範囲が広がっていくという悪循環を招いてしまいます。   虫刺されと同じような炎症 皆様、虫刺されなどでも同じような事がいえます。 かゆくてかいて、爪の傷跡になり肌が炎症を起こす。 爪をたてて肌をかきむしると、かゆみの悪循環を招くのはご紹介したように、このような時には、まず冷たいタオルなどで肌を冷やし、知覚神経の興奮を鎮めましょう。 それからかゆみや炎症を鎮める治療薬を塗るのがお勧めです。 洗顔は泡立てネットで優しく、毎日のスキンケアでは、低刺激処方の化粧水や乳液を選びましょう。 コットンの繊維が肌を摩擦して刺激になる事もあるので、敏感肌の方は清潔な手のひらで優しく押し込むようにして馴染ませるとよいでしょう。 SiMPLE++が目指すのはあなたの肌が回復へと向かうその過程に寄り添うことです。SiMPLE++の回復へのメソッドをぜひ体験してみてください。 商品全てをお試しいただけるのは シンプル++ 1weekトライアルキット

紫外線予防

紫外線予防

SiMPLE++
乾燥
季節の変わり目

紫外線予防

2023.03.21

  いつでもどこでも紫外線 紫外線は晴れの日だけではなく、雨の日も曇りの日も地表に届いてます。室内で過ごす場合でも、窓から差し込む日差しにご注意です。 室内でさえ、届いていますよ。だからこそ、日焼け対策は一年中行うのが基本です。 シチュエーションにお勧めの日焼け止めは? ○散歩やご近所のお買い物など日常生活では、SPF10~20/ PA++○ 野外での軽いスポーツやレジャーの場合では、SPF30以上/PA+++○炎天下でのお出かけやマリンスポーツなどには、SPF50以上/PA++++ 日焼け止め以外の対策アイテムも活用 帽子、日傘、ストールなど、紫外線に有効なアイテムを活用を。 日陰とはいえ、アスファルトからの照り返しはあります。   日焼け止めは塗り直しが重要 日焼け止めは汗をかけば落ちてしまいますし、紫外線を甘くみてはいけません。日焼け止めは塗り直しが重要です。   例えば、 ・お出かけ前は肌に密着する塗るタイプ ・外出先では塗り直しがしやすいスプレータイプ ・マリンスポーツや汗をかく激しい運動には、ウオータープルーフ   いざという時のシートタイプなど、その日の活動、ライフスタイルに合わせて選びといいでしょう。朝は、外出前の15~20分位がベストです。少し時間を置いてからお出かけした方が肌への定着率が高まります。 お肌だけでない紫外線対策も重要   目からの紫外線も日焼けの原因に繋がります。目に強い紫外線が入ると、脳は防御反応を示して、体内にメラニン色素を作るように命令を出してしまうからです。 紫外線は角膜にもダメージを与え、痛みや充血などの原因にもなります。 顔や体、髪だけではなく、日差しが特に強い現代は目もサングラスでしっかりガードして、目薬でケアする事をお勧めします。     一日の終わりはSiMPLE++で肌をリセットしてみませんか? 商品全てをお試しいただけえるのは 1weekトライアルキット です。

SiMPLE++
乾燥
敏感肌

美肌の秘密は腸にあり

2023.03.20

美肌のヒミツは腸活? 肌がきれいな人は『腸』がキレイと言われています。 腸内環境の乱れた食生活を送ると、それが肌トラブル(吹き出ものなど)の要因になってしまうこともあるそうです。 美肌を目指すには、腸内環境を整えることから始めたいですね! 【腸内環境を整える方法】 ◇発酵食品を食べる◇肉・魚・野菜などバランスよく食べる◇朝食は抜かない◇適度に運動ができるといい 暴飲暴食も腸内環境が乱れる原因になるので、お酒などののお付き合いもほどほどにしたいですね。 便秘には食物繊維が豊富なキノコがお勧め! 整腸作用があり、体にいい事ばかりだそうです。特に食物繊維が多いのは、 キクラゲ、椎茸、まつたけ らしいのですが、えのき、まいたけ、エリンギ、なめこでも十分とのことです! スーパーで手軽に買えるキノコでも十分そうですね。皆様、食事にプラスして腸内環境を改善していきましょう!